借金ぐせはもう病気です。

"昔から息子の借金癖には困り果てております。
その癖は十代頃からからはじまったと思います。

ある日私の財布からお金がひんぱんに消えるようになりました。最初は私の勘違いかと思っておりましたが、ある日お風呂に入っていてタオルを取ろうと風呂場のドアを開けると、息子が私の財布からお金を抜こうとしている所でした。
厳しく注意して、本人は「もう二度としない」と謝ってその場は終わったのです。
私もお金の管理を厳重にすることにしました。
すると息子は友人達に次々と寸借していくようになったのです。
当然返せませんから、友人は私に取り立てにくるようになりました。いくら注意しても、怒っても、その場は謝るのですが、しばらくたつとまた始まります。
とうとう借りる人が居なくなると、今度はサラ金に手を出し始めました。
その金で何を買うというわけではないのです。俗に言う遊興費というのに消えているようです。
甘やかして育てた私がいけないのでしょうか。
サラ金は膨らみ続け、とうとう私が返さねばならなくなりました。
今、息子は働いているのですが、どうやらその会社にも前借と称して借金があるようです。退職金で清算すると言っていますが、この不景気にそこを辞めたらどうするつもりなのでしょう。

"

お金を借りるには

気を付ける点

消費者金融一覧

節約生活のススメ

貧乏はツライ!

保険

新しい記事▲

運営者情報

新しい記事▲