お金を貸してもいい人、そうでない人

私がお金を貸してもいいと思う人は、その人にとってお金を貸すことが少しでも力になりたいと思う人。つまり人間的に信頼のおける人、これはやはり大前提であると思います。人間的に信頼がなければ安易にお金を貸すことはできないからです。次に借りたお金の使い道です。せっかく貸すお金です。どのように借りたお金を使うかは聞いておきたいことであると思います。借りた人が有意義に使い、借りてよかった、助かったと思いきちんと返そうと考えてくれればいいと思います。その次は、返してもらえる当てがある人です。返してもらう当てをはっきりと確認し、今はこうゆう状況だからお金が足りない、今後こうしたお金ができるからいつまでに返済します。という感じで、返済財源がしっかりした人、または資産背景やその人の身近な人で資産がある人等がいればいいと思います。次に思うには借入もあるが金融資産もしっかりある人にはお金を貸してもいいと思います。借入のある人はそれを返済しようと真剣に考えます。しかし、しっかりと金融資産も有しており、有事の際には十分に対応できる体力も備えていると思います。こうした人はなかなか把握することは難しいです。よって、最終的に私は、自分が信頼でき、この人のために何かしたいと思った時は精一杯の協力をしたいと考えます。時には「貸すも親切、貸さぬも親切」といった風にその人のことを考えた対応でお金を貸す、貸さないを決めていくようにしたいです。

即日融資ならアコム、プロミス、レイク、モビットの比較サイトがオススメですよ
今すぐ1万円が必要なあなたに1万円だけ借りるキャッシングがあるんです

お金を借りるには

気を付ける点

消費者金融一覧

節約生活のススメ

貧乏はツライ!

保険

新しい記事▲

運営者情報

新しい記事▲