やむをえず、親にお金を借りた経験について

"私は、社会人三年目の頃、職場のの人間関係に悩んでいました。また、業務が多忙で毎日のように残業をしていました。疲れ果てて、精神的にも病み、体は悲鳴をあげていたのに、誤魔化しながら働いてしまっていたのです。
そして、心が壊れてしまうと危険を感じ、心療内科を受診することにしました。すると、自律神経失調症であり、抑うつ状態のため、当面の間の休業を言い渡されました。会社を退職する選択肢は考えていなかったので、医師の指示に従い、休職することになりました。
当時、東京で一人暮らしをしていたので、実家に帰ることにしました。1人で家にいても、頭がおかしくなりそうでした。
会社では、健康保険組合に申請をすれば傷病手当金をもらえるということで、当面はそちらでしのぐことにしました。しかし、それは報酬の3分の2までしか支給されないので、東京の家賃や携帯代などで、ほとんど手元には残りませんでした。
実家に滞在している間の生活費などは、親が面倒を見てくれると言ってくれましたが、社会人になってまで、それはできないと思いました。親には、かなり心配を掛けてしまいましたが、お金のことは親子であってもきちんとしたかったので、私は借りるという形を取らせてもらいました。
自宅療養を経て、社会復帰してからは、親への借金も返し、今もOL生活を続けています。"

お金を借りるには

気を付ける点

消費者金融一覧

節約生活のススメ

貧乏はツライ!

保険

新しい記事▲

運営者情報

新しい記事▲