買い物の醍醐味は現金の授受だと思ったりもするのですが……。

"若い頃はクレジットカードなんて持ちたくないと考えていた現金主義の私なのですが、いつのまにかクレジットカードを持ち、さらに近年ではお財布ケータイも持っていて、無意識のうちにそれを使い分けていまます。それらをどのような使い分けているのか自身の行動を振り返ってみたら次のような感じでした。
クレジットカードを使うのは、ネットショッピングか、家電とか1万円以上の比較的大きな買い物をする際にです。すぐに使うとわかっているのにいちいち現金を引き出す手間を嫌うのと、まとまった現金を持ち歩くのが不安だという理由からです。あとはカードで購入することによって得られるポイントを狙うという場合もあります。
電子マネーはほぼコンビニでしか使いません。電車通勤はしていませんし、某スーパーで使える電子マネーは所持していません。結局、持っている電子マネーを使える場所を他に知らないという理由からと言えるかもしれません。
あとはネットショッピングでの電子マネー使用に少し興味はあります。現在利用しているクレジットカードだと決済まで時間があって、その案内が来た時にこの金額は何を買ったものだったのだろう、と思い出すのに時間がかかることがあるからです。しかし、携帯からネットショッピングはしませんし、パソコンからだと専用の装置が必要なようなのでまだ様子見です。
上記以外は現金ということになりますが、特に意識して現金を使おうという時は予算が完全にきまった状態で買い物に行く場合です。ひとつ上のグレードに惑わされないようにする為で、この時はクレジットカードも置いていきます。
私は日々の買い物はほとんどコンビニです。それもあってかつては、財布が小銭でかさばらないという利点から電子マネーに傾倒していました。しかし、そうしていると財布の中の現金残高を気にしなくなってしまい現金でしか買い物ができない店において必要に迫られた時に買い物が出来なくなったという事に気づき、今ではコンビニでも適度に現金を使うようにしています。
"

お金を借りるには

気を付ける点

消費者金融一覧

節約生活のススメ

貧乏はツライ!

保険

新しい記事▲

運営者情報

新しい記事▲