返済方式について

ローン会社で借入をした場合は、もちろん返済をしなくてはいけないのですが、ほとんどのローン会社の返済方式は、元利定額リボルビング方式と残高スライドリボルビング方式の2種類の方法をとっています。

まず、元利定額リボルビング方式というのは、借入をしている残高がいくらであっても、元金と利息を合わせた返済額を、毎月定額で払っていく方法です。

リボルビングシステムというのは、利用限度額の範囲であれば、借入も返済も繰り返し利用できるシステムのことで、きちんと返済していけば、借入できる金額は、利用限度額まで戻る仕組みになっています。

簡単に言ってしまうと、利用限度額が20万円の場合は、20万円以内であれば、借入も返済も自分で自由に出来るということですね。

もうひとつの、残高スライドリボルビング方式という返済方法は、借入をしている間は、利用残高によって元金と利息を合わせた毎月の返済額が変動していくというものです。

通常、新規契約で借入をしたときの金額で残高が決まるので、それによって返済額が決められるのですが、もし、追加で借入をした場合、借入金額が増えるので、返済額も再度設定しなおされます。

たとえば、最初に20万円を借りて、ずっと6000円を返済していって借入残高が10万円になったときに、また20万円を借入したら、借入残高は30万円ということになって、返済金額は9000円になるということです。

返済方式というのは、借り始めは理解するのが難しいので、納得できるまで借入したローン会社に説明してもらうのがいいでしょう。

お金を借りるには

気を付ける点

消費者金融一覧

節約生活のススメ

貧乏はツライ!

保険

新しい記事▲

運営者情報

新しい記事▲