アドオン返済とは

アドオン返済というのは、利息の計算方式のことで、ローン会社から借入をした際の返済額の算出方法です。借入をした返済が終了するまでは、最初の借入した金額に利息をかけて計算する返済方式で、返済が終了するまではアドオン方式だと元金の返済が出来ないということです。

ですから、表示されている実質年率よりも、支払う金利というのは高くなってしまいます。アドオン返済の金利というのは,表示されている実質年率よりも約1.5〜2倍ぐらい多いといわれています。

つまり、返済ごとに減っていく元金をもとにして利息計算する「現金均等返済」と同じ利率だとすれば、アドオン返済での利息計算方法だと、利息の負担も毎月の返済金額の負担も大きくなってしまいます。

アドオン返済のメリットは、毎月の返済金額が均等なので、長期での返済計画がたてやすく、また、今までに支払った金額や完済までにあといくら支払えばいいのかというのが算出しやすいことですね。

ただし、アドオン返済は、きちんと返済しているのにもかかわらず、利息が減らないので、実際に負担する金利はかなり大きな金額になってしまいます。

ローンの金利や返済方法などに知識が無い人だと、広告に書いてある金利だけしかかからないと思ってしまったり、指定された金額を返済していけば、元金も利息も減っていってると誤解したりしてしまう人もいると思います。

そんな誤解がないように、1972年にはアドオン金利の表示を禁止したので、今の金利の表示は実質年率という表示になっているローン会社が多いのですね。

お金を借りるには

気を付ける点

消費者金融一覧

節約生活のススメ

貧乏はツライ!

保険

新しい記事▲

運営者情報

新しい記事▲