貸金業登録番号について

ローン会社やいわゆる消費者金融というのは、総称で貸金業者といわれます。貸金業をするには、貸金業に関する法律に基づいて、都道府県知事の登録か、チェーン展開する場合は財務局の登録を行わなくてはなりません。

もし登録をしないで貸金業をした場合は、違法行為になりますが、闇金融業者のように登録をしないといけないのをしっているのに貸金業をする会社もあります。

闇金融と正規の金融会社を見分けるには、貸金業登録番号を調べるのが一番確実です。きちんと登録している金融会社には、登録番号が発行されて、「○○県知事(1)第○○○○○号」という表示が必ずあります。

カッコ内に書かれている数字は登録回数を表すもので、貸金業登録というのは、3年ごとに更新しなければいけないので、カッコ内の数字が2なら3年以上6年未満、貸金業を続けてるということになります。

つまりこのカッコ内の数字が大きいほど、長年貸金業の営業を続けていられているということなので、信頼のおける金融会社の目安にはなりますよね。

逆にいうと、貸金業登録番号がない金融会社というのは、闇金融です。

確かに、どこからも借入が出来なくなっている人にとっては、闇金融でもいいから借入したい、と思う人もいるかもしれませんが、1度闇金融で借りてしまうとトラブルなどがあっても法律で解決できないことが多いので、借りないほうが懸命です。

闇金融のほとんどは、法外な金利でお金を貸しているところが多く、また一括返済も受付しない会社が多いので、元金を減らすことが出来ないまま、延々と高い利息を払い続けなければいけなくなります。

ただし、まれにこの貸金業登録番号を、偽造している金融会社もあったりします。もし、契約事項などで不信に感じたり、破格な金利で貸し金をしていたりする場合は、登録されている都道府県に問い合わせてみたほうがいいでしょう。

お金を借りるときは、必ず貸金業登録を確認するようにしましょう。

お金を借りるには

気を付ける点

消費者金融一覧

節約生活のススメ

貧乏はツライ!

保険

新しい記事▲

運営者情報

新しい記事▲