過剰貸付をしないために

貸付限度額というのは、キャッシングローンをするときの契約の上で、金融会社に設定された貸してもらえるお金の限度額のことです。

以前は、過剰貸付を防ぐために、無担保ローンの貸付限度額というのは、1業者あたり50万円、もしくは申込をした人の年収の10%に相当する金額というのが法律で定められていました。

また、金融会社は、過剰貸付をしないようにするために、その人の年収や家族構成、持ち家などの財産だけではなく、信用情報なども細部にわたって調査する必要があります。

過剰貸付とは、簡単に言ってしまうと、100万円借りてもそれを返せる年収も無い人や、他社からもたくさん借入をしていて返済能力が無い人に対して、その返済不可能なぐらいお金を貸してしまうことを言います。

貸付限度額に関しては、法律が改定されたので、申込をした人の年収の3分の1までしか融資が出来ないという決まりが出来ました。

つまり、年収が300万円なら100万円まで、ということですが、複数の会社から借入をしている場合には、その残高を差し引いて計算して貸付限度額を決定する場合もあるので、貸付限度額がいくらというのは実際に審査が終わるまでは分かりません。

ほかにも、貸付限度件数というのがあって、多重債務者になるのを防ぐために、消費者金融が独自で行っている規制があります。

申込者が、複数の金融会社から借入をしている場合には、一定の件数以上の貸付を禁止するというものですが、金融会社も過剰に貸付をしないようにいろいろと工夫しているのですね。

@

お金を借りるには

気を付ける点

消費者金融一覧

節約生活のススメ

貧乏はツライ!

保険

新しい記事▲

運営者情報

新しい記事▲