貸し金詐欺に気をつけて

たまに、お金を借入した人が、貸金業者などに預かり金を支払った、という話を聞くことがあります。もちろん、銀行などで口座を作る場合には、一番最初に預かり金を払うのが当たり前ですが、お金を借入する場合に預かり金や保証金を支払うといったことは、ほとんどありません。

もし、借入をする際に、預かり金や保証金が必要と言われたら、そのまま言うことを聞かないで、1度冷静に考えてみましょう。

お金が必要だから借入を申し込んでいるのに、その人に対してお金を請求してくるというのは、おかしな話だと思いませんか?申し込んだ先の金融会社が、何かしらの要求をしてきたら、まずは疑ってみてください。

普通の消費者金融やカードローン会社ではありえない話なのですが、悪徳金融や悪徳商法などで、もっともらしい名前をつけて、お金を貸さないのにお金を支払わせることがあるので気をつけましょう。

消費者金融業界の悪徳商法は、一般的に「といちや」と呼ばれる、法外な金利を取る高利貸しがあります。「すぐに融資可能」とか「どなたでも貸します」というような宣伝文句で誘い込み、ほんの少しのお金をかして、金利を高くとって儲けるという商法です。

高利貸しというのは、金利を取り続けるために一括返済を認めてくれなかったり、法的関与が難しかったりするので、絶対借入をしないようにしましょう。

ほかには、紹介屋といって、手数料を払えば格安の金利で貸してくれる金融会社を手配する、といった悪徳商法をしている会社もあります。消費者金融というのは、誰かの紹介だから貸すとか、特別に金利を安くするということは絶対ないので、こういった詐欺にも注意しましょう。

お金を借りるには

気を付ける点

消費者金融一覧

節約生活のススメ

貧乏はツライ!

保険

新しい記事▲

運営者情報

新しい記事▲